• machidareformcom

IHクッキングヒーターとガスコンロどっちがいい?


一昔前はガスコンロが圧倒的に主流でしたが近年太陽光発電やオール電化の普及によってIHクッキングヒーターも普及してきました。

では、IHクッキングヒーターとガスコンロではどちらが良いのか?

答えは一概には言えません・・・。

環境やライフスタイルでも変わりますし両者ともメリット・デメリットがあります。

今回はIHクッキングヒーターとガスコンロそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。


IHクッキングヒーターのメリット・デメリット

ガスコンロのメリット・デメリット

まとめ


IHクッキングヒーターのメリット・デメリット



【IHクッキングヒーターとは】


電気で熱を発生させる電化製品です。

主に、内臓されているコイルへ電流を流すことで磁力線を発生させます。磁力線が調理器具の鍋底を通過するときに無数の「うずまき電流」を生み出します。そうすると、鍋底に電気抵抗による熱が発生しこの熱で調理器具が発熱するという仕組みです。


【IHクッキングヒーターのメリット】


1:安定した加熱管理ができる

IHクッキングヒーターはセンサーで温度指定ができるので常に一定の熱をくわえることができます。保温機能が備わっているIHもあり、カレーやお味噌汁のおかわりのときに温めなおしすることがなくそのままよそえるので便利です。


2:掃除やお手入れが楽。

近年、ガスコンロもお手入れしやすいものがでてはきましたが、IHクッキングヒーターは完全にフラットなのでさっと拭けてきれいな状態を保つことができます。ガスコンロのように定期的に五徳を大掃除しなきゃ。ということがなく油汚れもテーブルを拭くかのようにさっと拭き取ることができます。


3:安全性の高さ

火を使わないため、ガスコンロと比べると格段に火災の発生リスクが減ります。

また、ガスを使用していないためガス漏れの心配もありません。


4:部屋の温度が暑くなりにくい

火を使わないのでキッチン周りの温度が暑くなりにくく快適に調理できます。


【IHクッキングヒーターのデメリット】


1:使用できる鍋やフライパンの素材が限られる

IHクッキングヒーターは電気抵抗によって発熱させるためIHに対応した調理器具を使用する必要があります。

しかしながら「オールメタル」というIHクッキングヒーターであれば鉄製やアルミニウム、銅の鍋も使用できます。本体価格は高くなってしまいますが・・・・。


2:フライパンを振って料理できない

中華料理でよくみかけるフライパンを振って食材を回転させる技ですがあれは、IHでやっても意味がありません。

見た感じ料理ができそうでかっこいいんですけどね。


何故、ガスコンロで鍋を振るう必要があるのか?

それはガスコンロは炎で側面からも鍋を加熱するからです。そのため鍋肌が熱くなりその熱を食材に伝えるため、また鍋肌についた食材が焦げないよう鍋を振ります。

それに対してIHは鍋底が過熱される仕組みなので混ぜるのは鍋底だけでよく、あえて鍋肌に食材を当てる必要がありません。前後左右にかき混ぜるだけで食材に十分熱が伝わります。

(近年、鍋ふり可能な光センサー搭載の機種においては鍋を一瞬トッププレートから離してもすぐ温度が復帰する物がありますが、いずれにせよIHの特徴である鍋底を加熱する構造から鍋を振らなくても調理ができます)

鍋を振りたい人にはデメリットですが、腕の力がない人にとっては鍋を振らなくて良いというメリットにもなりえます。


ガスコンロのメリット・デメリット


【ガスコンロとは】


ガスコンロはガスをエネルギー源として火で鍋やフライパンを加熱します。

IHクッキングヒーターと異なり土鍋やガラスなどの非金属鍋も使用できます。


【ガスコンロのメリット】


1:火力の調節が柔軟にできる

火の大きさが目でわかるので、自分好みの火力に調節することができます。


2:「炙る」 「焦げ目をつける」などのように多彩な調理ができる

海苔を少し炙りたい、炙りサーモンをつくりたい。などの香ばしさをもとめる調理をガス火の上をくぐらせるだけでできます。


3:調理器具にこだわらない

前述したように土鍋やガラスなどの非金属鍋にも対応しており使える選択肢が多くあります


【ガスコンロのデメリット】


1:火災の危険性

火を使っているので近くの物に燃え移るなどIHよりも火災の危険性は高くなります。

また安全装置のついていない古いタイプのガスコンロは空焚きにも注意が必要です。


2:お手入れが面倒くさい

ガスコンロは部品が多くそれらを取り外して定期的に掃除しなくてはなりません。IHにくらべると凹凸部分も多いので掃除が大変ということになります。


3:調理中は周囲の温度が上がりやすい

火がでているので強火で調理していたりすると体感温度はあがります


まとめ


IHクッキングヒーターもガスコンロもそれぞれにメリット・デメリットがありますね。

お年寄りや小さいお子様がいるご家庭では安全面を考慮してIHにした方が良いですし、炙りなど多様な料理をしたい方や、現在ガスコンロを使用していて調理器具を変えたくない方はガスコンロの方が良いでしょう。

また現在使用している種類のものから変更となると工事費用も異なります。

(IH→ガスコンロ  //   ガスコンロ→IH)


それぞれの生活様式や環境によって最適なほうを選べると良いですね。


次回は「気になる。IHクッキングヒーターとガスコンロの光熱費」をお届けしたいと思います。


町田市のリフォーム業者一覧オトコロドットコムに掲載されました。

よかったらこちらもクリックお願い致します。



閲覧数:9回0件のコメント